トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ食事のしつけ > 犬の食事のしつけの基本

犬の食事のしつけの基本

犬の食事のしつけの基本の画像

犬には食事は、いつも決まった時間、決まった場所で与えるようにしましょう。
場所をコロコロ変えてしまうと、拾い食いなどをしてしまう原因にもなってしまいます。
食事の量は、パッケージに記載されている量をあげましょう。
犬がすぐに食べ終わったり、まだ欲しがっても与えてはいけません。
また、食事の量は、現在の体重を基準にするのではなく、その犬のベスト体重を基準にした量をあげます。

食事を与えたが、食べない場合は片付けてしまいましょう。
そのままに出しっぱなしにしてしまうと、不衛生だけではなく、犬はいつでもエサが食べられると思い、ダラダラ食べてしまったり、食べている途中で遊んでしまったりしまいます。
犬は、1~2日食べなくても、死ぬようなことはありません。
あまりにも食べないことが続くようでしたら、我がままで食べないのか、調子が悪くて食べないのかを見極めるようにしましょう。

水は、いつでも新鮮な水が飲めるようにしましょう。
いつも水を出しっぱなしにしておく場合は、時々新鮮な水に変えるようにします。
また、食器はいつもきれいに洗うようにします。

人間が何かを食べているときに、犬が欲しがることがあります。
しかし、人間の食べ物は犬の良くないだけではなく、悪い癖がついてしまいます。
一度人間の食べ物を与えてしまうと、いつも欲しがるようになります。
犬が太る原因や、健康を害する原因になるだけではなく、犬を甘やかすことになりますので、避けましょう。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬をしつける時期

犬を飼う時のほとんどは、子犬の時から飼うことが多いと思います。 子犬が家に来る時期は、大体2~3か月ぐらいでしょう。 この頃から、環境に順応しやすい時期、犬の性格を形成しやすい時期になりますので、しつけを始める時期としては、適切な時期といえるでしょう。 この時期に経験したことは、大人になってからも大きな影響を与える大事な時期なのです。 大人になってから事情があって飼うこともあります。 大人になってからのしつけは、すでに行動や性格が出来上がっていますので、難しく根気が必要にな

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。