トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ犬の本能としつけ > 犬の本能

犬の本能

犬の本能の画像

犬は色々な本能を持っています。
犬が行動するにあたって、この本能が働き、行動することが多いです。
ですから、この本能を理解出来れば、犬がどのように考え、行動するのか分かってくることがあります。
飼い主がこの本能を理解していれば、しつけをしたり、一緒に生活するにあたって、犬がどのように考えているのか理解出来るのではないでしょうか。

犬は、「社会的本能」「逃走本能」「自衛本能」「運動本能」「繁殖本能」「栄養本能」の本能があります。
この中でも特に、しつけに関わってくる本能が、「社会的本能」と「栄養本能」です。

「社会的本能」は、群れで生活する、服従する、群れの安全を守る、戦う、自分のものを守る、外敵に対し吠える、戻る、相手が弱ければ自分がボスになろうとするなどの、本能のことです。
しつけの基本に関わってくるものが、群れで生活する本能です。
犬は家族を群れとみなして生活しています。
また、相手が弱ければボスになろうとする本能は、飼い主が弱いと自分がボスになろうとし、従わなくなってしまいます。
服従本能は、飼い主が強いと認識すれば、従うようになります。

「栄養本能」は、狩猟、追求、捜索、持来(持ってくる)本能になります。
犬は本来肉食動物で、野生の頃は自分で狩りをしていました。
ですから、このような本能が備わっているのです。
現在は、狩りをすることはほとんどありませんが、これらの本能は、警察犬、狩猟犬、またボール遊びなどに生かされているのです。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ しつけは、褒めると無視

犬のしつけをするにあたって、「褒める」ことと「無視」をすることが大切です。 上手くいったらその都度、褒めるようにしましょう。 またなかなか覚えられなくても叱ったり、怒鳴ったりすることは避けなければいけません。 叱ったり、怒鳴ったりするとビクビクする犬になっていしまい、飼い主の顔色を伺う犬になってしまうからです。 犬のしつけをしていて、上手く出来たら首から背中にかけて、また首から胸にかけて撫でながら「よしよし」「よーし」などの声をかけてあげましょう。 犬は撫でられるのが好きな

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。