トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ散歩・外出のしつけ > 犬の飛びつき

犬の飛びつき

犬の飛びつきの画像

子犬は、遊びの一つとして人に飛びついたり、マウント行動します。
しかし、この行動を放っておいてしまうと、次第に自分が優位に立つということを示す行動になってしまうので、飛ぶつく癖は直すようにしなければいけません。

矯正方法は、いくつかあります。
まずは、飛びついてきたりマウント行動をしてくるようでしたら、、犬を見ないようにして背中を向け無視します。
また、飼い主は壁をみて無視をすることも効果的です。
犬が飛ぶつくような行動をやめ、静かになるまで無視します。
無視をすることにより、この行動をしても飼い主は何も反応してくれず、さみしいと思います。
このさみしい思いを覚え、飛びついたりマウント行動をしなくなるのです。

この方法でも、飛びつくやマウント行動をやめないようでしたら、犬を倒す方法もあります。
飛びついて後ろ脚で立ちあがっている犬の足を外側から足をかけ、手前に引きます。
後ろ足をひかれることで、犬は倒れます。
しかし、飼い主は何もなかったように無視をしてください。
飼い主は、犬の顔を見ないように、普通の顔をして行いましょう。
倒れた犬は何が起こったかわからないでしょう。
しかし、飛びつくと倒れてしまうということを覚えさせれば、成功です。

もし、この方法は、少しかわいそうな感じもしますが、躊躇してやるようでしたら効果がありません。
もし、犬が大きい場合で、子供にでも飛びついてしまったら、子供は倒れて怪我をしてしまうかもしれません。
このような事故を防ぐ意味でも、飛びつく癖は直しておきましょう。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬のしつけとおいで

犬は、服従していない人に呼ばれてもなかなか来ないものです。 しかし、このしつけは、おすわり、マテが出来ていれば、比較的早く覚えるしつけです。 リードをつけ、犬を座らせ、マテをさせます。 リードの長さいっぱいに飼い主は後ろに下がります。 「おいで」「コイ」の言葉とともに、リードを強く引く。 犬がよってきたら、褒めてご褒美をあげます。 犬が自分から来るようになったら、リードを外し、徐々に距離を伸ばして行いましょう。 もし、飼い主が呼んでもすぐに来ない犬もいます。 このような犬は

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。