トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ散歩・外出のしつけ > 犬のしつけと歩き方

犬のしつけと歩き方

犬のしつけと歩き方の画像

ワクチンが終了して、外に出られるようになったら散歩をしてみましょう。
犬にとって飼い主の指示に従うことや、社会勉強をする絶好のチャンスです。
また、散歩は、健康を維持したり、ストレス解消することができます。
散歩の距離や時間は、犬種によっても異なります。
また飼い主の都合で散歩をするようにしましょう。
いつも同じ時間、同じ場所を散歩をしていると、何か事情があって出来ない時、犬がストレスを感じてしまいます。

散歩は、飼い主がリーダーシップをとって歩くもので、犬が先頭を歩いてはいけません。
散歩を始めるようになったら、犬は、飼い主の横を歩くようにしつけをしなければいけません。

まず、犬を飼い主の左側につけさせます。
リードはたるませておきましょう。
リードを引っ張ってしまうと、犬も引っ張るようになります。
飼い主は無視無言で歩きます。
犬が飼い主よりも前に出るようになったら、向きを変えて歩きます。
犬が勝手に曲がろうとしたら、逆の方向に飼い主は曲がります。

散歩中にほかの犬や人に吠えたり、バイクなどに吠えることがある場合、リードをしゃくるように引きつけます。
そして、飼い主は謝ることを忘れてはいけません。
飼い犬のマナーが悪いのは飼い主の責任です。

散歩から帰ってきてからは、犬の体を丁寧に拭き、この時に、犬の体に異常がないかをチェックします。
雨などで、濡れた時は、きちんと拭いてあげましょう。
濡れたままですと、体臭がしてしまうだけではなく、湿気で皮膚病を起こしやすくなってしまいます。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の問題行動と、しつけ教室

犬が問題行動を起こす原因は、病気ということもありますが、ほとんどの場合、成長期のしつけと環境に問題があります。 問題行動を起こす原因を探って、その原因をまず排除しましょう。 そして、矯正するようにしましょう。 犬を叱ったり、体罰を与えることは何の解決にはなりません。 犬をしつけをするときの心構えとして、褒めてしつけをするということを忘れてはいけません。 体罰を与えたり、強制してしつけをしても、強い人には服従の態度を示したり、言うことをきいたりします。 しかし、子供や女性など

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。