トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ > 散歩・外出のしつけ

散歩・外出のしつけ

犬の脱走・逃走癖

脱走や逃走の癖がある犬には、散歩が少ない、メス犬の発情のニオイを感じたため、メス犬探しに行きたいなどが原因で脱走・逃走を起こしてしまいます。 もともと、大型犬や活動的な犬、たとえばハウンド系の犬、犬ぞりの犬などは、たくさんの運動量が必要になります。 しかし、運動量が少ない犬は、ストレスが溜まり脱走・逃走という行動を起こしてしまうのです。 また、隔離されていたり、騒音などで落ち着かない環境にいる犬も、脱走・逃走しやすいといわれています。 散歩が少ないことが原因で起こる脱走・逃


遠藤和博の犬のしつけ

散歩・外出のしつけの記事

散歩・外出のしつけのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

犬の脱走・逃走癖

犬の脱走・逃走癖

脱走や逃走の癖がある犬には、散歩が少ない、メス犬の発情のニオイを感じたため、メス犬探しに行きたいなどが原因で脱走・逃走を起こしてしまいます・・・


犬のしつけとおいで

犬のしつけとおいで

犬は、服従していない人に呼ばれてもなかなか来ないものです。 しかし、このしつけは、おすわり、マテが出来ていれば、比較的早く覚えるしつけです・・・


犬の飛びつき

犬の飛びつき

子犬は、遊びの一つとして人に飛びついたり、マウント行動します。 しかし、この行動を放っておいてしまうと、次第に自分が優位に立つということを・・・


犬のしつけと歩き方

犬のしつけと歩き方

ワクチンが終了して、外に出られるようになったら散歩をしてみましょう。 犬にとって飼い主の指示に従うことや、社会勉強をする絶好のチャンスです・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 犬のしつけと歩き方

ワクチンが終了して、外に出られるようになったら散歩をしてみましょう。 犬にとって飼い主の指示に従うことや、社会勉強をする絶好のチャンスです。 また、散歩は、健康を維持したり、ストレス解消することができます。 散歩の距離や時間は、犬種によっても異なります。 また飼い主の都合で散歩をするようにしましょう。 いつも同じ時間、同じ場所を散歩をしていると、何か事情があって出来ない時、犬がストレスを感じてしまいます。 散歩は、飼い主がリーダーシップをとって歩くもので、犬が先頭を歩いては

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。