トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ > 食事のしつけ

食事のしつけ

食事中の威嚇

食事のしつけが大切なのは、行儀のいい犬にするということはもちろん、飼い主と犬との服従関係を明確にするという目的もあります。 できれば、子犬の頃から食事中は人がそばにいて、時々食器を触るなどの行動しておくと、犬も食事中に警戒することはありません。 しかし、食事のしつけがきちんとできていないと、食事中、近づく人に対し、吠えたり、威嚇する、下手すれば攻撃するという行為を行います。 食事をしているときに、近くに人を威嚇したり、吠えたりする犬は、自分がリーダーだと認識している犬です。


遠藤和博の犬のしつけ

食事のしつけの記事

食事のしつけのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

食事中の威嚇

食事中の威嚇

食事のしつけが大切なのは、行儀のいい犬にするということはもちろん、飼い主と犬との服従関係を明確にするという目的もあります。 できれば、子犬・・・


犬のおすわり、伏せ、マテ

犬のおすわり、伏せ、マテ

食事のときに、「おすわり」「フセ」「マテ」などのを犬にさせることは、命令に従わなければ、犬が好きなことをすることができないということを、教・・・


犬の食事のしつけの基本

犬の食事のしつけの基本

犬には食事は、いつも決まった時間、決まった場所で与えるようにしましょう。 場所をコロコロ変えてしまうと、拾い食いなどをしてしまう原因にもな・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 犬の食事のしつけの基本

犬には食事は、いつも決まった時間、決まった場所で与えるようにしましょう。 場所をコロコロ変えてしまうと、拾い食いなどをしてしまう原因にもなってしまいます。 食事の量は、パッケージに記載されている量をあげましょう。 犬がすぐに食べ終わったり、まだ欲しがっても与えてはいけません。 また、食事の量は、現在の体重を基準にするのではなく、その犬のベスト体重を基準にした量をあげます。 食事を与えたが、食べない場合は片付けてしまいましょう。 そのままに出しっぱなしにしてしまうと、不衛生だ

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。