トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビトイレのしつけ > 犬の食糞症

犬の食糞症

犬の食糞症の画像

自分した糞を食べてしまうのが食糞症です。
糞を食べてしまう行為は、いくつかの理由があるようです。
まず、一つ目は、糞にドッグフードやおやつのニオイが残っている場合です。
犬の嗅覚は優れているので、少しのニオイが残っていると、食べてしまうことがあるようです。
二つ目の理由は、外飼いなどで飼い主との触れ合いが少ないことです。
孤独によるストレス、退屈しのぎから食糞してしまうことがあるようです。
3つ目の理由は、糞を食べると、飼い主が大騒ぎしてかまってくれる、飼い主の気を引きたいことがあります。
4つ目の理由は、何かの栄養不足、お腹に虫がいるなどの原因が考えられます。

どの理由にしても、糞には寄生虫などがいる可能性があり、いいことではありませんので、やめさせる必要があります。
食糞させないためには、排泄後、すぐに糞を片付け、習慣化させないようにすることです。
もし、糞を食べようとしたら、その場で、「イケナイ」「ダメ」などと言って、食糞を阻止するようにしましょう。

他の方法としては、食事にコショウを混ぜる、糞にコショウをかけるという方法もあります。
また、糞にドッグフードやおやつのニオイが残っているようでしたら、ドッグフードやおやつを変えてみるという方法もあります。
どの方法を実践するにしても、まずは、犬の行動を注意深く観察しましょう。
そして、何故食糞してしまうのかという原因を突き止め、その原因を排除するようにしましょう。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬とのスキンシップ

犬の体には敏感な部分があり、飼い主を信頼していなと、触らせません。 敏感な部分は、鼻、耳、尾、足の先などです。 しかし、飼い主が犬の体を自由に触れないと、獣医に診察をしてもらう時や、シャンプーやトリミング、爪切りなどのグルーミングの際、何もできなくなっていしまいます。 また、犬の健康をチェックすることもできません。 飼い主だけでなく、他人が触っても、威嚇したり噛みついたりしないように、早いうちからスキンシップで、体を触れる様にしましょう。 早いうちに行えば、犬がどこを触られ

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。