トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ家の中のしつけ > 犬の無駄吠え

犬の無駄吠え

犬の無駄吠えの画像

犬が無駄吠えをする場合、いろいろな場面があるでしょう。
来客が来たとき、散歩や、遊びなど何かを要求するときなど、吠える理由は色々あり、威嚇、不安や恐怖、要求などが吠える原因になります。
無駄に吠えるという行為は、人間と生活していく上では、必要がありません。
また、近隣への迷惑もありますから、やめさせる必要があります。
原因は何かを突き止めて、その原因にあった対処法でやめさせましょう。

来客時に吠えるという行為は、犬が自分がリーダーだと認識していることが原因です。
自分の縄張りに他人が侵入してきたため、吠えているのです。
このような時は、まず飼い主がリーダーシップととるようにしなければいけません。
まず、缶などに石やビー玉などを入れ、吠えたら知らない顔をして犬に投げます。
飼い主が毅然な態度をとりつつ、目を合わさないように投げることがポイントです。
このとき、犬が拘束されていない状態で行わないと、恐怖感が募ってしまいます。

散歩に行きたい、何かが欲しい、遊んで欲しいなどの要求で、吠える場合があります。
このような時は、ひたすら無視をすることが効果的です。
無視をすることによって、吠えて要求しても、要求は通らないということが分かってきます。
そして、吠えることをやめたら、褒めてあげ、必要ならば要求にこたえてあげましょう。
もし、吠えて要求したときに、その要求に答えてしまうと、吠えれば要求が通ると認識してしまいます。
すると、要求が通るまで吠え続けるようになってしまいます。
このようになってしまうと、飼い主は犬の言いなりとなってしまい、犬がリーダーと勘違いをしてしまうので、避けるようにしましょう。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬のしつけと歩き方

ワクチンが終了して、外に出られるようになったら散歩をしてみましょう。 犬にとって飼い主の指示に従うことや、社会勉強をする絶好のチャンスです。 また、散歩は、健康を維持したり、ストレス解消することができます。 散歩の距離や時間は、犬種によっても異なります。 また飼い主の都合で散歩をするようにしましょう。 いつも同じ時間、同じ場所を散歩をしていると、何か事情があって出来ない時、犬がストレスを感じてしまいます。 散歩は、飼い主がリーダーシップをとって歩くもので、犬が先頭を歩いては

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。