トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ食事のしつけ > 食事中の威嚇

食事中の威嚇

食事中の威嚇の画像

食事のしつけが大切なのは、行儀のいい犬にするということはもちろん、飼い主と犬との服従関係を明確にするという目的もあります。
できれば、子犬の頃から食事中は人がそばにいて、時々食器を触るなどの行動しておくと、犬も食事中に警戒することはありません。
しかし、食事のしつけがきちんとできていないと、食事中、近づく人に対し、吠えたり、威嚇する、下手すれば攻撃するという行為を行います。

食事をしているときに、近くに人を威嚇したり、吠えたりする犬は、自分がリーダーだと認識している犬です。
自分より下位と思っている人が、食事を持っていることで、威嚇して「早く渡せ」と言っているのです。
このような行為をやめさせるためには、飼い主がリーダーであるということを犬に教えなければいけません。

食事中の威嚇を矯正するためには、まず、犬の犬舎など縄張りの外に行きます。
犬と向い合せに座り、犬の前に空の食器を置きます。
そして、少しずつエサを食器に入れます。
犬が食べてから、10秒ほどおき、さらに少しエサを入れます。
これを繰り返します。
途中に10秒の間を開けることにより、犬は、人から貰うものであるということを覚えさせるのです。

人からエサを貰うということを覚えれば、人はエサを獲らないということがわかり、威嚇や吠える、攻撃するなどの行動が緩和されてくるでしょう。
これを行う人は、犬に対して強い態度がとれるような人にしましょう。
弱い態度しか取れない人は、犬にエサを奪われることがありますので、注意が必要です。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬とのスキンシップ

犬の体には敏感な部分があり、飼い主を信頼していなと、触らせません。 敏感な部分は、鼻、耳、尾、足の先などです。 しかし、飼い主が犬の体を自由に触れないと、獣医に診察をしてもらう時や、シャンプーやトリミング、爪切りなどのグルーミングの際、何もできなくなっていしまいます。 また、犬の健康をチェックすることもできません。 飼い主だけでなく、他人が触っても、威嚇したり噛みついたりしないように、早いうちからスキンシップで、体を触れる様にしましょう。 早いうちに行えば、犬がどこを触られ

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。