トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ > トイレのしつけ

トイレのしつけ

トイレのしつけの際、気をつけること

2~3か月までの子犬は、排泄機能がまだ発達しておらず、排泄コントロールがうまくできません。 ですから、トイレのしつけは厳しく叱って教えてはいけません。 根気よく、覚えるまで何回も教え込まなければいけません。 犬はもともと綺麗好きですから、寝床を汚すことを嫌います。 きちんと、トイレを教えてあげれば、覚えますのであせらずに、しつけをしましょう。 犬をトイレに連れていくタイミングは、朝起きた時、食事後、遊びの前後、昼寝から起きた時などです。 この時に、トイレに連れて行き、用を足


遠藤和博の犬のしつけ

トイレのしつけの記事

トイレのしつけのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

トイレのしつけの際、気をつけること

トイレのしつけの際、気をつけること

2~3か月までの子犬は、排泄機能がまだ発達しておらず、排泄コントロールがうまくできません。 ですから、トイレのしつけは厳しく叱って教えては・・・


犬のトイレの場所

犬のトイレの場所

犬にとって、トイレのしつけは、犬が来てから最初に教えなければいけないしつけです。 ですから、トイレの場所は、犬が来る前に決めておきましょう・・・


犬の食糞症

犬の食糞症

自分した糞を食べてしまうのが食糞症です。 糞を食べてしまう行為は、いくつかの理由があるようです。 まず、一つ目は、糞にドッグフードやおやつ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 犬のしつけと留守番

留守番をしていると、家の中がぐちゃぐちゃになっている、吠える、フンや尿をしてしまう犬がいます。 このような問題行動を起こされると、飼い主はゆっくり外出することができなくなってしまいます。 きちんとしたしつけが出来ている犬は、このような問題行動を起こしません。 問題行動を起こす原因は、犬が留守番の間、不安に思ってしまうこと原因です。 不安がストレスになり、問題行動を起こしてしまうのです。 犬は、もともと群れで生活する動物ですから、孤独になると不安になってしまいます。 しかし、

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。