トップ 犬のしつけ・訓練ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




犬のしつけ・訓練ナビ犬の本能としつけ > しつけの目的

しつけの目的

しつけの目的の画像

犬を飼う上で、しつけをすることは大切なことです。
人間と一緒に生活することになりますから、最低限のマナーをしつけする必要があるのです。
しつけが出来ていない犬は、犬が悪いのではなく飼い主の責任になるのです。

犬の本能の中には、群れで生活をするものがあります。
そして、犬は順位をつけ、強いものに従って生活する生き物です。
群れのリーダーには絶対服従をします。
犬が言うことを聞かない、威嚇する、攻撃するなどの行動をとる場合、犬は飼い主を下位にみている可能性が高いです。
甘やかしてしまい、しつけの考え方を誤ると、この様なことになってしまうのです。
飼い主がリーダーになっていない犬との生活は、とても大変ですし、犬も不幸なのです。

リーダーと思い込んでしまっている犬は、来客者に吠える、威嚇する、飛びかかったりします。
これは、自分の縄張りを守るために行う本能なのです。
また散歩に出ても、飼い主をぐいぐい引っ張り、自分の行きたい方向に行く、また、他の犬とすれ違えば、吠えたりします。
これは、自分の群れを守ろうとし、攻撃行動を起こすのです。
しかし、犬は人間に依存しなければ、餌を食べることも、外に出ることもできません。
このような、食い違いにより、ストレスを生じてしまい、問題行動はエスカレートしてしまうのです。

飼い主がリーダーと認識している犬は、人間社会に馴染むことができ、ストレスを感じることがありません。
犬は、服従する本能も持っています。
人間に服従することができる犬は、問題行動を起こすこともなく、飼い主も犬も幸せに暮らすことができるでしょう。

犬のしつけは、犬も飼い主も快適に生活するために、とても大切なものなのです。


遠藤和博の犬のしつけ

犬のしつけ・訓練ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の食事のしつけの基本

犬には食事は、いつも決まった時間、決まった場所で与えるようにしましょう。 場所をコロコロ変えてしまうと、拾い食いなどをしてしまう原因にもなってしまいます。 食事の量は、パッケージに記載されている量をあげましょう。 犬がすぐに食べ終わったり、まだ欲しがっても与えてはいけません。 また、食事の量は、現在の体重を基準にするのではなく、その犬のベスト体重を基準にした量をあげます。 食事を与えたが、食べない場合は片付けてしまいましょう。 そのままに出しっぱなしにしてしまうと、不衛生だ

犬のしつけ・訓練ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。